歯の治療を受けている女性

綺麗に元に戻る

歯の形状と機能の両方を再現

失った歯を補う治療法は、主として入れ歯・ブリッジ・インプラント・差し歯の4種類となります。この中で差し歯だけは少し毛色が異なる治療法であり、差し歯は歯根(歯の根っこ)が残っていなければ施すことができない治療法となります。ですから、完全に歯を失った時の治療法は、入れ歯・ブリッジ・インプラントとなりますが、この中で最善の治療法はインプラントとなります。 なぜ、インプラントが最善の治療法なのかというと、歯の形状だけではなく、歯の機能までも再現することができるからです。歯の機能とは、噛むことです。 インプラントの場合、人工歯根を歯茎に埋め込みますので歯は、しっかりと固定された状態となります。しかし、入れ歯・ブリッジ共に歯根はなく、よって歯茎に埋め込みもしませんので、歯の固定が不安定なのです。従って、インプラントは強く噛むことができ、入れ歯もブリッジも強く噛むことは困難なのです。さらに付け加えると、インプラントの噛む能力は天然歯に匹敵します。

高額な料金が一般的な理由

但し、インプラントに問題がないわけではないのです。問題となるのは高額な料金であり、1本当たり平均すると30万円、安い歯医者でも十数万円は料金がかかってしまうのです。 料金が高額な理由は、保険が適用されない治療法だからです。ただ、実際には保険適用の対象になっている治療法です。しかし、保険適用の条件は極めて厳しいものとなっており、その条件を多くの歯医者がクリアできないでいるのが現状です。従って、保険適用外での治療が未だに一般的になっているのです。 ただ、歯を失う前の状態を取り戻せるわけですから、インプラントは高額な料金を支払う価値のある治療法だと言えるでしょう。また、その数は少数となっていますが、保険適用の治療を行っている歯医者は現実にありますから、安い料金で治療を受けることはできます。